排水管工事の比較

トータルで見てメリットの多い排水管工事とは?

排水管工事の方法をめぐって理事会でもめている……自分たちにとってどの方法がベストなんだろう……

排水管のリニューアルにあたり候補に挙がる「更新」と「更生」、「再生」という3つの方法。様々な業者から説明を受け、それぞれの方法を比較検討することはもちろん大切ですが、まずはそれぞれの方法のポイントを押さえておくことが重要です。そこから最終的な業者選定に移ることで、スムーズな決定につながるでしょう。

耐久性・工期・コストの比較

更新
(交換工事)
更生
(塗り工事)
再生
(パイプインパイプ工事)
耐久性
工期
コスト
耐久性

新しい排水管に交換する更新工法が耐久性に優れているのはもちろんですが、排水管のなかに排水管を形成する再生工法も同等の耐用年数(25~30年)を誇ります。実際に施工から10年経過した物件でまったく問題が見られなかったという調査結果(※)も出ています。

※弊社調べ(マルライナー工法)

工期

更新工法の最大のデメリットは工期が長く、生活に大きな支障をきたすこと。一方、再生工法は短期間で新たな排水管をつくれるという点で優れています(マルライナー工法の場合3日間)。

コスト

もっとも低コストで済むのは更生工法です。ただし、排水管の劣化状況などによっては更生工法では対応しきれない場合があり、その場合は更新か再生を選ぶことになります。なお、再生工法も決して安い工事ではありませんが、更新工法と比べるとその約半分で済みます。コストパフォーマンスで選ぶなら、再生工法が得策と言えるでしょう。

トータルで見ておすすめなのは再生工法!管理組合様も絶賛するマルナカのマルライナー工法をご検討ください。

  • 動画で見るマルライナー工法:マルライナー工法の流れお客様の声を収録しています
  • マルライナー工法のメリット多くのマンションに選ばれる理由をご紹介します

このページの上まで戻る